shop

RC SHOP OFFPOWER

世界と戦うUltimateエンジンのコスパ2016.10.27

Ultimateエンジンに思うこと

私はM8を愛用しています。

これまで、かるく40Lは炊いています。

 

レースなどでは使う機会はないのですが、

スポーツ走行レベルでは、全く問題がありません。

 

多少、止まりやすくなっているので

アイドルをちょっと高めにするぐらいで

問題あるほど止まりませんし、

パワー、トルク、レスポンスは健在です。

 

当店のサポートドライバーはM4Rを使っています。

1機目は40Lを超えていますが、

レースレベルでも使えていると報告を受けています。

 

私のM8は正直、甘めで走っているのでライフは長くなるのは当然ですが、

サポートドライバーのM4Rは昨年の全日本も、

今年の全日本も戦ったエンジンです。

 

サポートということで結果を出してもらいたいということもあり、

けっこう、絞って使っているとのこと。

 

何が言いたいかというと、

私のレベルでさえも、OSよりも圧倒的にライフが長いということです。

 

OSで30Lをまともに超えたことはありませんでした。

 

20Lぐらいまでは、本当に良いエンジンなのですが、

あるポイントから、止まることがおおくなりました。

 

少なくともM8はそうはなっていません。

 

私のラジ走行の7割は広場ですので、

全開時間がむっちゃ長いので、

エンジンに負担は多い使い方です。

 

甘々といってもです。

 

だからUltimateをオススメしたい。

楽しい時間が長いエンジンは

私にとっては優先順位が高いポイントです。

 

キャブチューンだってコツをつかめば

難しくないです。

 

燃調の取りやすい

Nitroluxと組み合わせると、さらに!

 

正直、某社の燃料は

私の腕では燃調を取りきれませんでした(笑)

 

Ultimateエンジンがなぜ、ポッティングやブラスウェイトをやらないのかと

聞いたことがあります。

 

答えはこうでした。

 

仮にポッティングやブラスウェイトをやったとしても

5%も性能は向上しないという結果が出たそうです。

 

一方で価格は5%以上上がってしまう。

 

その5%の性能は

タイムには現れない感覚的な要素が多く、

レースで勝つためには、

あまり必要性がないと判断したようです。

 

実際、ポッティングやブラスウェイトは

メンテの面でも使用するケミカルに気を使う必要もありますし。。

 

当店では円高を受け、

トップモデルのM4RZでも37,848円で販売しています。

メタルモデルM4Rは33,283円。

エントリーモデルのM5は24,725円。

 

性能では正直言って、

日本の先進技術を惜しみなく投入したOSのトップモデルに

負けません。

 

それは世界戦も含め、各国のレースが証明しています。

 

開発に直接関わった、世界チャンプでありスペインのレジェンドである

ロバート・バトレ選手はM4Rのことをこのように語っています。

 

ロバート・バトレ
 
「ノヴァロシから退いた後、私は、最高レベルのレースを続けるために

必要なものすべてを私に与えることができる会社を探していました。

Modelixで作業を開始する可能性が出てきたら、新しいエンジンを作ることにしました。

私はそれが素晴らしいエンジンになるだろうと知っていました。

M4Rについて…

私は、この新しいエンジンがどれほどパワフルで、スピード感があり、安定し、

信頼性があり、本当のことをあなたに説明することができますが、

本当にあなたに伝えたいことは…テストして、自分で判断してください。

このようなトップエンジンのための超競争力のある価格を忘れることなく、

あなたのニーズをカバーし、レース時に満足することは間違いありません。」

 

そのエンジンがいまなら、

特別価格です。

 

お問合わせは sales@offpower.net まで!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top