SALE!

Ultimate M3X-V2.0

¥49,800 ¥36,000

在庫切れ

比較する
商品カテゴリー: ,

説明

 

 

 

 

 

製品情報:

3ポートの.21オフロードUltimate M3X V2.0コンペティション。その前身のM3Xと同様に、V2.0は一流の日本のO.S.エンジンのブランドであり、スクエアストロークのSpeed B21 Ty Tessmann IIエディションエンジンをベースにUltimateオリジナルのブラッシュアップを加えたモデルです。

M3Xと同様に、M3X V2.0は、最大のパワー、パフォーマンス、調整機能を実現するように特別に設計されています。このエンジンは、低回転から高回転まで、非常に滑らかなリニアパワーを実現。

キャブレター、クランクケース、クランクシャフトは、燃料消費を改善するために開発されました。

冷却ヘッド

冷却ヘッドはModelixによって再設計されました。 B2102の低プロファイルほど低くはありませんが、軽量であるため、重心はB2102と同じくらい低いにもかかわらず、非常に高温でのパフォーマンスが向上します。 すでに実績のあるM3TおよびM3Sエンジンと同じヘッドです。

キャブレター

以前のM3Xとは異なり、V2.0には21 J3キャブレターを採用。その高速ニードルホルダーは、キャブレターへの燃料の流れをよりよく冷却するように再設計され、キャブ全体の温度を下げます。その結果、アイドル時の安定性が向上し、燃費とエンジン全体のパフォーマンスが向上します。

これに加えて、キャブスライドのユニボールジョイントも1つではなく2つのストッパーに変更されています。この新しい変更された設計により、エンジンを分解することなく、ユニボールジョイントの角度を簡単に調整できます。

このキャブは、より正確なチューニングを可能にしています。

バックプレート

OSバックプレートの元のデザインが変更されました。ピストンへのガスの流れを改善するために研磨されています。

バックプレートはCNC加工されており、7075-T6スイスアルミニウム製です。この素材で作る理由は、元の素材よりも硬くし、コンロッドとバックプレートの摩擦を減らして、コンロッドの寿命を延ばし、エンジンの効率と性能を向上させるためです。

その設計のおかげで、コンロッドが下の位置(PMI)にある場合でも、コンロッドを損傷することなく、バックプレートを取り外すことができます。側面の溝により、バックプレートを損傷する可能性のある工具を使用する必要なく、バックプレートを簡単に取り外すことができます。

クランクシャフト

このV2.0バージョン用に選択されたクランクシャフトは、低回転で出力を増加させるB2101ベース。形状はB2101と全く同じです。このクランクシャフトは、空力設計とシリコン充填により燃料の最適な流れを確保するために、エンジニアのO.Sチームによって設計されました。回転への慣性を大きくするため、タングステンウェイトとバランスをとっています。ただし、DLCコーティングはされておりませんので、ご注意ください。

ベアリング

このエンジンの高品質と性能に合わせて、日本製の2つの高精度ベアリングにより、高いアイドル安定性、長寿命、高温での低摩擦が保証されます。

ベンチュリ

エンジンには6.5mmのアルミ製ベンチュリが付属。

スリーブとピストン

3つの吸気口と排気口を備えたスリーブは、非常に高いが滑らかでリニアな出力により、低燃費を保証します。

スリーブとピストンは、耐久性を向上させるために高強度のアルミニウムで作られています。

技術仕様

排気量:3,49 cc

出力:2.61 hp @ 34,000 rpm

実用範囲RPM:4,000-42,000 rpm

ボアxストローク:16,40×16,40mm

スリーブ:3 + 1ポート

リアボールベアリング:スチール

フロントボールベアリング:スチール

クランクシャフト:14 mm

キャブレター:21 J3

グロープラグ:P3 Turbo

排気位置:リア

燃料の種類:25%ニトロ。推奨燃料Nitrolux。

 

 

 

 

 

PRODUCT INFO:

This is the 3 port .21 Off-Road Ultimate M3X V2.0 Competition Engine. Like its predecessor M3X, the V2.0 is made by the prestigious Japanese O.S. Engines brand and it’s based on their square stroke Speed B21 Ty Tessmann II edition engine.

Like the M3X, the M3X V2.0 it’s been specifically designed for maximum power, performance and tuneability. With this engine you will have a great and super smooth linear power from low to high R.P.M.

The carburettor, crankcase and crankshaft have been developed to improve fuel consumption.

 

COOLING HEAD

The cooling head has been redesigned by Modelix. It’s not as low as the B2102 lower profile but it’s lighter so it keeps the centre of gravity as low as the B2102 but improving its performance on very high temperatures. It’s the same head as the M3T and M3S engines.

 

CARBURETOR

Unlike the previous M3X, the V2.0 comes with the 21 J3 carburettor. Its high-speed needle holder has been redesigned for a better refrigeration of the fuel flow into the carburettor, lowering the temp of the carb, and consequently it’s more stable with a great idle stability, improves fuel mileage and overall engine performance.

Besides this, the uniball joint of the carb slide has also been modified with two stoppers instead of one. With this new modified design, you can easier adjust the angle of the uniball joint without having to disassemble the engine.

This carb offers a higher accuracy tuning, a very interesting advantage to experienced drivers.

 

BACKPLATE

The original design of the OS backplate has been modified. It’s been milled to improve the gas flow going to the piston.

The backplate is CNC machined and made of 7075-T6 Swiss Aluminum. The reason of making it with this material is to make it harder than the original and reduce the conrod-backplate friction increasing the life of the conrod and improving engine efficiency and performance.

Thanks to its design, you can remove the backplate without damaging the conrod even when it is on its lower position (PMI). The lateral grooves allow to easily remove the backplate without having to use any tool that can damage it.

 

CRANKSHAFT

The crankshaft selected for this V2.0 version is the B2101 one to increase the power at low RPM. This crankshaft has been designed by the O.S team of engineers to ensure an optimum flow of fuel thanks to the aerodynamic design and the silicone filling. It is balanced with a tungsten weight in order to increase the inertia to rotation.

 

BEARINGS

In line with the high quality and performance of this engine, its two high precision made in Japan bearings ensure high idle stability, longer life and low friction at high temperatures.

 

VENTURIS

The engine is supplied with a 6.5mm aluminium venturi.

 

SLEEVE AND PISTON

The sleeve with 3 inlet port and an exhaust port guarantee a low fuel consumption with a very high but smooth and linear power.

Both, the sleeve and piston are made from a high strength aluminium bar to improve its durability.

 

TECHNICAL SPECIFICATIONS

Displacement: 3,49 cc

Power Output: 2.61 hp @ 34,000 rpm

Practical Range RPM:  4,000 – 42,000 rpm

Bore x Stroke: 16,40×16,40mm

Sleeve: 3 + 1 ports

Rear Ball Bearing: steel

Front Ball Bearing: steel

Crankshaft: 14 mm

Carburettor: 21 J3

Glow plug: P3 Turbo

Exhaust Position: rear

Fuel type: 25% nitro. Recommended fuel Nitrolux.

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。

より良い商品の紹介 …