AGAMAで走ろう2018

今年でAGAMAを正式に入れるようになって5年になります。

初年度はA8EVOでしたが、その後A215。そして昨年A215SVが導入されました。

キット標準でフロントハブはアルミ化を始め、ステアリング周りのパーツを熟成させ、曲がる性能にテコ入れしてきたことで、メジャーライバルと互角のコーナリング性能を獲得。

SVとはスーパーヴェローチェの略で、「さらに速く」という意味が込められています。

これまでのモデルでも定評のあった、「壊れにくさ」、「ジャンプ性能」はそのままにさらに深化!

ヨーロッパやアジア各国では、ナショナルチャンピオンも獲得しており、マシンとしての完成度は非常に高いと自負しています。

さらにオプションパーツ類も充実。新開発のスプリング、エマルションダンパーキャップ、アーム強化カーボンプレートなどもオプション販売されライバル追従。飽くなき開発を続けています。

 

 

 

2018年はパーツ供給率100%を目指し、パーツストックを始めています。

手始めにアーム類、ユニバなどシャフト類の消耗品が近々入荷予定です。

3月のオーダーではA215SV関連パーツのストックはほぼ100%になります。今後のキット販売数に応じてストック数を増やして行きますので、これまでのように入荷までお待たせすることもほとんどなくなると思います。

というわけで、2018年、一緒にA215SVでラジコンを楽しみたい方いませんか? ドライバーが多い方がセッティング情報も集まり、さらに速さを増していくことは間違いありません。

 

コメントを残す